制作者たちのコーディネートについて

『面白そうだね、やってみよう。』だけで、どうしてこんなに良い品を作る事ができたのか!?

と結納ウッドクラフト[あした]®️ について

以前ある場所で説明する機会があった時、驚かれた事があります。

それは「プロジェクトメンバーの皆さんのおかげ」としか言いようがありません。


新しい結納品を作るという事へ

 “人生の大きな節目の儀式に使用する品を作るなんて光栄な事!”

 “一から作るなら妥協無しで、とっておきの品を作りましょう!”

と前向きに思ってくださる方々だったからです。

作り手を繋いでくださったのは、コーディネーターの

北のクラフトプロジェクトいぷしろん 舟見優子さん。

「全く新しい考えのものを作り上げる為、想いを一つにできるかどうか。ハード面、ソフト面でのハーモニーを大切に。」

「 年齢も性別も、住む環境も違う作り手達ですが、手抜きのない仕事、精進する姿勢は全員に共通する仕事スタイル。」 と

制作者たちのコーディネートについて教えていただいた事があります。


おふたりの門出を祝福する気持ちいっぱいで

作り、お届けしております。


結納ウッドクラフト旦[あした]®︎プロジェクトメンバー

金子箱 : 家具工房もこと 西山泰弘

真鍮 取手金具・刻印プレート : 闇月創房 逸見茂樹

漆盆 : 木工房緑舎 屋中健洋

コーディネーター : 北のクラフトプロジェクトいぷしろん 舟見優子

ロゴ・パンフレットデザイン : rocketdesign 菊池信悟

撮影 : 山岸靖司

パンフレットテキスト : 佐藤優子

発起人・水引・筆耕 : 工房黄華 新尚江

結納ウッドクラフト旦

北海道発「やってよかった」結納のカタチ

0コメント

  • 1000 / 1000