北海道発「やってよかった」結納のカタチ

ご婚約おめでとうございます!

おふたりらしさを大切にした

心温まるご結納式になりますように


結納は、おふたりの最初の一歩を

正式に誓う素晴らしいしきたりです

結婚式の多様化が進む今だからこそ

ご両家に「やってよかった」と思われる

結納のカタチをお届けしたい

そう考えた私たちが北海道の職人と

一緒に作りました

結納ウッドクラフト旦[あした]

シンプルなカタチに心をこめて

幾久しく共に時を重ねていただける品です

おふたりの門出を心から祝福し

携わることができる喜びを感じ

「北海道の良い素材で良い品を作る」

という思いで進めております


結納ウッドクラフト旦[あした]

三つの特徴

一、

シンプルな[箱と盆]セットで伝統を遵守

一般に結納品といえば、九品や七品セットで知られていますが、本品は結納品をおさめる桐箱と漆盆のシンプルセット。

伝統を大切にするご両家の気持ちと北海道の木のぬくもりが調和した一品です。

二、

結納のあとも幾久しくご愛用いただけます

結納は儀式ですので、本来であれは白木献上台を使用するところですが、旦[あした]のコンセプトは、結納のあともそのままおふたりの生活に寄り添うこと。

丁寧に使っていくうちに味わいが増していく漆盆をセットにいたしました。

三、

匠の手仕事による上質な北海道クラフト

豊かな森林で覆われている北海道は、優れた木工職人がたくさんいます。

旦[あした]を作り上げたのも、上質な北海道木材を使い慣れている熟練の匠たち。

暮らしに彩を添えるウッドクラフトとして長くお使いいただける本物の品です。